手を抜くわけにはいきません

時々聞く失敗談ですが、通販でかにを買って、予想よりも大量のかにが届いてしまったという話を聞きます。

直接お店に行って買う場合は、いざお金を払うときに、自分がどれだけ大量に買おうとしているかわかり、量を減らそうと思うのが当たり前です。

残念ながら、通販では重さと大きさを実感できないので、とても食べきれない量を注文し、届いてから一週間は毎日かにを食べていたという話は通販の中でも、かにではありがちです。

せっかくのおいしいかにですから、おいしく食べきれるよう考えましょう。

蟹通販で蟹を買うのはいいものです。

しかし、美味しく味わうには、調理の部分で手を抜くわけにはいきません。

色々な食べ方がありますが、茹でるのは基本なので、正しい蟹の茹で方を把握しておくことが重要だといえます。

では、そのコツとは何か。

それは、単純なようで大事なことですが、大きな鍋を使うことなのです。

蟹全部を水に浸すようにすれば、美味しい茹で蟹が簡単にできます。

かに通販の中に、お得価格のポーションが多いのが不思議ですね。

これは、殻をむいて中身を集めたという半加工品です。

むき身にしたかにをイメージしてください。

色々な料理に使いやすいのは大きいですし、多くは殻の割れなどの訳あり品なので、量の割には明らかにお安いと、お財布にもやさしいのです。

選択を誤った場合、残念なことに蟹の本当の良さを味わうことができません。

美味いカニを堪能するには、選び方が大事です。

選び方は、タラバ蟹の場合、重さのチェックをすることがこれがまず大事なポイントです。

加えて、汚れのない甲羅ではなく、良いものは汚れていて、硬いです。

そういうものを選びましょう。

かにのお歳暮、もらった方は喜ぶでしょう。

かにを買うときには、気をつけてくださいね。

実にありがちなことですが、おいしそうなかにが揃っているなら特に、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。

どれを選んで良いかわからないからでしょうが、自分が選ぶよりましだろうと決め込んでいると、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。

大事な方に贈るかにならば、実績のあるところから買うことを勧めます。

蟹には色々な食べ方がありますが、中でも美味しいのは素材の旨みが味わえる「塩ゆで」、そして冬に嬉しい「蟹鍋」の二つです。

私の周りの蟹好きな人達も声を揃えます。

蟹刺しなど、生で味わうのも本当に新鮮な蟹ならいいのですが、漁獲地のお店で出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。

一方、じっくり火を通す蟹鍋や茹で蟹であれば、 新鮮さが落ちた蟹でも、味の劣化は最小限に抑えられます。

塩ゆではシンプルな調理なので、そのままでは口に合わないかもしれませんが、土佐酢などのタレを少し工夫するだけで、専門店さながらの味を楽しめるのでお勧めです。

「お得に蟹を食べたい」、そう思う人は多いでしょう。

それには、日帰りで、蟹の食べ放題が堪能できるツアーというものがあり、こちらのご利用をお勧めします。

何故か?それは、蟹を楽しむのにこのやり方だと、従来通り買った蟹を自宅で食べた場合と比較してお得に蟹を食べられることが確実だと言えるからです。

それに加えて、このようなツアーは美味しいカニが楽しめる場所で企画されていることが殆どなので、安価であることだったり、量の多さであったりだけではなく、質がいいことも感じられると思います。

活かにの下ごしらえはご存じですか。

きれいに汚れを落としたら、水に30分ほどつけてください。

軍手を忘れないでください。

胴のかなめである腹の三角形部分を外して関節の柔らかいところに切れ目を入れておきます。

甲羅から半身を外していきます。

双方をしっかり押さえ、半身、また半身と外していきます。

残った胴は黒い部分と全体の汚れを除き、かに味噌を出しておきます。

脚は茹でる前に一本ずつ外し、食べやすい長さにします。

さらに切れ目を入れ、殻の一部を薄くしておくと、食べるとき身を出しやすくなります。

まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。

この時期に美味しくなる渡り蟹は、ガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。

甲羅の部分だけで15センチメートル以上になる大型の蟹ですが、殻は比較的薄く、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。

渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするのが古くから最も一般的とされましたが、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。

かにの種類はいろいろありますが、最もおいしいのはとしょっちゅう聞かれますが、勧めるのはズワイガニで、決して変わりません。

ズワイガニは、産地の名を冠するかにが多くそれぞれの地域を代表するかになので、松葉ガニだの、越前ガニだの地域の名がつくようなズワイガニは、文句のないおいしさです。

少々お高いのはブランド料だと考えてください。

カニのお取り寄せの通販でもブランド品のかには味噌もおいしいとすすめています。